国内イベント情報ピックアップ:発明の日&世界知的財産の日

【発明の日】

◆令和6年度 発明の日 特別記念講演

「機械翻訳vs生成AIの翻訳 ~外国出願の翻訳に及ぼす影響と今後の活用~」
企業知財部の方、弁理士、技術文書作成者など、知的財産に携わる方々に向け、機械翻訳と生成AIが
外国出願に与える影響を中心に紹介。

 

4/18(木) 15:00~17:00
大阪府大阪市(大阪科学技術センタ) & オンライン(Zoom)
http://www.jiiiosaka.jp/hatsumeinohi2024.pdf

 

◇「発明の日」とは・・・
明治18年(1885年)4月18日に、初代特許庁長官を務めた高橋是清らが現在の特許法の前身である
「専売特許条例」を公布し、日本の特許制度が始まりました。
これを記念し、昭和29年(1954年)1月28日に、通商産業省(現在の経済産業省)は、特許制度を
はじめとする産業財産権制度の普及・啓発を図ることを目的として、毎年4月18日を「発明の日」と
することを決定しました。(特許庁より抜粋)

 

【世界知的財産の日】

◆WIPO 世界知的財産の日 記念イベント

~知財とSDGs―イノベーションと創造力で築く地球の未来~
地球の未来を築くのに不可欠なイノベーティブでクリエイティブな解決策の創出を、知的財産が
いかに奨励し、インパクトを高められるかを考えます。

 

4/26(金) 14:00~16:55
東京都千代田区(イイノホール)
https://www.wipo.int/meetings/ja/2024/wjo_ipday.html

 

◇「世界知的財産の日」とは・・・
世界知的財産の日は、知的財産 (知財) が、いかにして世界の芸術繁栄に貢献し、人類発展の原動力
となる技術革新を可能にしているかについて、世界中の人々と共に考える、またとない機会です。
2000年に、WIPO加盟国は、知財に関する一般の人々の認識を高め理解を深めることを目的として、
WIPO設立条約が発効した4月26日を「世界知的財産の日」と定めました。(WIPOより抜粋)

令和6年度「知財功労賞」が特許庁から発表されました。

https://www.jpo.go.jp/news/koho/tizai_koro/2024_tizai_kourou.html

受賞された皆様、おめでとうございます。

 

今年度の表彰式は、以下のとおり行なわれます。

 

  • 日時:令和6年4月18日(木曜日) 14時00分~15時15分
  • 場所:赤坂インターシティコンファレンス
    (東京都港区赤坂1-8-1 赤坂インターシティAIR 4階)

以上

 

 

特許庁ステータスレポート2024が発行され、閲覧可能になりました。

次のサイトでご覧ください。

https://www.jpo.go.jp/resources/report/statusreport/2024/index.html

 

以上

令和6年5月1日より、経済安全保障推進法(以下、「法」といいます。)に基づいて、特許出願非公開制度(以下、本制度といいます。)が開始されます。本制度は、特許出願の明細書等に、公にすることにより外部から行われる行為によって国家及び国民の安全を損なう事態を生ずるおそれが大きい発明が記載されていた場合には、「保全指定」という手続により、出願公開、特許査定及び拒絶査定といった特許手続を留保するものです。(特許庁Webサイトより引用)

 

本制度については次のサイトに詳細な説明がありますので、必要に応じご参照ください。

 

https://www.jpo.go.jp/system/patent/shutugan/hikokai/index.html

 

以上

IFI CLAIMS Patent Services 社が、昨年の米国特許取得件数ランキングデータを公表しました。

 

こちらをご覧ください。

 

https://www.ificlaims.com/rankings-top-50-2023.htm

 

全体ではSamsung Electronics Co Ltdがトップ、日本企業ではキヤノンがトップです。

 

以上

 

 

特許庁では、毎年各技術分野(一般/機械/化学/電気・電子)ごとに技術テーマを選定し、特許出願技術動向調査を実施しています。

 

今年は次のテーマで調査が行われ、結果は来年4~5月頃に公表される予定です。

  • (一般)パッシブZEH・ZEB
  • (機械)ドローン
  • (化学)全固体電池
  • (電気・電子)ヘルスケアインフォマティクス
  • (分野横断)量子計算機関連技術

 

また、来年度は次のテーマの調査が予定されています。

  • (一般)ペロブスカイト太陽電池関連技術
  • (一般)偏光板関連技術
  • (機械)可燃性冷媒を用いたシステム(漏洩対策、圧縮機の制御等)
  • (化学)mRNA医薬
  • (電気・電子)メタバース時代に向けた音声・音楽処理

 

これまでの調査結果のレポート等には次のサイトでアクセスできます。

https://www.jpo.go.jp/resources/report/gidou-houkoku/tokkyo/index.html

 

弊社はこれまで複数のテーマで調査を担当した実績があります。

幅広い分野での技術動向調査、IPランドスケープ調査なども承っておりますので、

ぜひお問合せください。

 

以上

平素は格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社では、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。

 

休業期間:2023年12月29日(金)~2024年1月3日(水)

※1月4日(木)より通常営業いたします。

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

日本弁理士会関西会のパテントセミナーが下記の日程で開催されます。

 

詳細と申し込みは次のURLをご覧ください。

https://www.kjpaa.jp/seminar/57832.html

 

【開催概要】
第1回:日 時 令和5年11月4日(土)10:00~11:40
テーマ 初めての特許・実用新案
講 師 福田 光起(弁理士)

第2回:日 時 令和5年11月4日(土)14:00~15:40
テーマ 商標入門
講 師 前田 周(弁理士)

第3回:日 時 令和5年11月11日(土)10:00~11:40
テーマ 意匠を活用したデザイン戦略!意匠出願の基礎から活用まで
わかりやすく徹底解説!
講 師 後 利彦(弁理士)

第4回:日 時 令和5年11月11日(土)14:00~15:40
テーマ 海外特許出願~出願から権利化までに気を付けるとよいこと
説明します~
講 師 常盤 有司(弁理士)

第5回:日 時 令和5年11月18日(土)10:00~11:40
テーマ データ保護・ルールメーキング・経済安全保障を意識したオ
ープンクローズ戦略
講 師 駒谷 剛志(弁理士)

第6回:日 時 令和5年11月18日(土)14:00~15:40
テーマ 知財係争への対応
~特許を中心に侵害警告を受けた際の対応方法と留意点~
講 師 冨田 光治(弁理士)

第7回:日 時 令和5年11月25日(土)10:00~11:40
テーマ 誰でもわかる知的財産契約
講 師 角野 龍紀(弁理士)

第8回:日 時 令和5年11月25日(土)14:00~15:40
テーマ 著作権法入門
~安全に創作・情報発信するための基礎知識~
講 師 竹口 美穂(弁理士)

第9回:日 時 令和5年12月2日(土)10:00~11:40
テーマ ビジネスモデル特許の実務と戦略
~「モノ」から「コト」へシフトする時代に適した特許の取
得方法~
講 師 上羽 秀敏(弁理士)

第10回:日 時 令和5年12月2日(土)14:00~15:40
テーマ 酒類の地理的表示GI
~地域にとっては共有の知的財産~
講 師 川瀬 直樹(弁理士)

第11回:日 時 令和5年12月9日(土)10:00~11:40
テーマ 事例で学ぶ!目から鱗の知財マネジメント!
講 師 五郎丸 正巳(弁理士)

第12回:日 時 令和5年12月9日(土)14:00~15:40
テーマ 外国商標出願と外国意匠出願
~マドプロとハーグを含む~
講 師 松井 宏記(弁理士)

 

以上

平素は格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。

 

誠に勝手ながら、弊社では、下記の期間を夏季休業とさせていただきます。

休業期間:2023年8月11日(金・祝)~8月15日(火)

※8月16日(水)より通常営業いたします。

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。

先週4月11日に令和5年度「知財功労賞」が特許庁から発表されました。

https://www.jpo.go.jp/news/koho/tizai_koro/2023_tizai_kourou.html

受賞された皆様、おめでとうございます。

表彰式は明日4月18日(火曜日) 14時00分~15時15分

赤坂インターシティコンファレンスで行われます。

 

これまで小欄で何度かご著書「標準特許法」をご紹介してきた高林龍先生が、知的財産権制度関係功労者として特許庁長官表彰を受賞されました。

同書は2002年の初版以来、きっちり3年ごとに改訂され、2020年に第7版が出されています。

これまでのペースでいけば、今年12月には第8版が出されると思われますので、いまから楽しみです。

 

以上

このWebサイトの掲載内容を、「事業内容」「スタッフ紹介」を中心に更新いたしましたので、ぜひご一覧ください。

 

「事業内容」に記載のない種別の調査等でも、お客様のニーズ、ご要望にあわせてカスタマイズした調査が可能ですので、ぜひお問合せください。

 

以上

特許庁では、毎年各技術分野(一般/機械/化学/電気・電子)ごとに技術テーマを選定し、

特許出願技術動向調査を実施しています。

 

昨年は次のテーマで調査が行われ、結果は今年4~5月頃に公表される予定です。

 

◆LiDAR

◆スマート物流

◆ヒト幹細胞関連技術

◆ミリ波帯のMIMO及びアンテナ技術(5Gへの応用を含む分析)

◆カーボンニュートラルに向けた水素・アンモニア技術(製造から利用まで)

 

これまでの調査結果のレポート等には次のサイトでアクセスできます。

https://www.jpo.go.jp/resources/report/gidou-houkoku/tokkyo/index.html

 

弊社はこれまで複数のテーマで調査を担当した実績があります。

幅広い分野での技術動向調査、IPランドスケープ調査なども承っておりますので、

ぜひお問合せください。

 

以上

 

 

 

 

 

欧州特許庁(EPO)は世界の水素関連特許に関するレポートを発表しました(国際エネルギー機関(IEA)と共同)。

詳細は次のサイトをご覧ください。全文レポートPDFもダウンロードできます。

https://www.epo.org/news-events/news/2023/20230110.html

 

以上

IFI CLAIMS Patent Services 社が、昨年の米国特許取得件数ランキングデータを公表しました。

 

こちらをご覧ください。

 

https://www.ificlaims.com/rankings-top-50-2022.htm

 

全体ではSamsung Electronics Co Ltdがトップ、日本企業ではキヤノンがトップです。

 

以上

平素は格別のお引き立てを賜わり厚くお礼申し上げます。

誠に勝手ながら、弊社では、下記の期間を年末年始休業とさせていただきます。

 

休業期間:2022年12月29日(木)~2023年1月3日(火)

※1月4日(水)より通常営業いたします。

 

ご不便をおかけいたしますが、何卒よろしくお願い申し上げます。